思い出深い家だからこそ、きちんと準備をして上手に売りましょう。

マイホームを売却する際の流れ

黒板に描かれた売り家のイラスト

 

不動産売却のおおまかな3STEP
  1. ご自身でマイホームの相場を把握しておく
  2. 信頼できる不動産会社を探し、媒介契約を結ぶ
  3. 買取希望者に対して実際に売却活動を行い、売却

 

家族でしっかり話し合い、マイホームの売却を決定したらまずはマイホームがいくらになるのかおおよその相場を求めます。
ここでは正確な不動産の価値を算定する方法は利用せず、あくまで相場観を掴むだけに止めておきましょう。

 

正確な不動産の価値は不動産鑑定士というプロフェッショナルに依頼するのが一般的となっています。
まずは行動を起こすための基準をおおまかに理解しておき、自分の理想の売却に導いてくれる不動産会社と共にその先の手続きを行うと良いでしょう。

 

 

売却の際に用意しておく書類

用意すべき不動産の重要書類

 

不動産の売却にあたって、不動産会社に提出すべき書類には以下のようなものがあります。

 

一軒家の売却に必要な書類一例
  • 登記事項証明書
  • 売買契約書
  • 物件購入時の重要事項説明書
  • 登記済権利書
  • 地積測量図
  • 固定資産税納税通知書
  • 物件の図面、設備の仕様書
  • 建築確認済証

 

マイホームは歴とした不動産に当たります。
売却にあたっては、マイホームを取得する際に様々な登記や契約を交わしたときのように、多くの書類を所定の機関に正確に請求してマイホームとともに不動産会社に提供する必要があるのです。

 

必要書類の中に含まれる登記事項証明書地積測量図は登記所(法務局)に申請して書類を作成して貰う必要があるものも含まれますので、直前に慌てないような計画的な準備が大切になります。

 

 

売り手となる際に覚えておきたいこと

マイホーム購入時には私達の方が購入者として守られている立場でしたが、売却する側になれば、今度はこちら側が物件に対して責任を負わなくてはいけなくなります。
特に覚えておきたいのは物件に欠陥が見つかった時契約の不履行が起こった時などの対応です。

 

 

手付金の取り扱い

契約時に支払う契約成立の証拠である手付金は、売主となった場合、扱いが少し変わります。
もし売主が契約を白紙に戻したいと思った場合、手付金を放棄するだけでなく手付金の2倍の費用を支払わなければいけません。
買主のときとは必要な金額が2倍違うことに注意が必要です。

 

 

瑕疵担保責任保険の重要性

瑕疵とは傷や欠陥のことです。
瑕疵担保責任保険とは、物件に住み始めた後に見つかった隠れた瑕疵に対して売り主は責任を負わなければいけないという保険制度になります。
瑕疵の影響で居住が不可能だと発覚した場合、発覚から1年以内ならば契約解除が可能となっている保険ですので、売却後も頭の片隅に覚えておく必要があります。

 

 

マイホーム購入時と同じ気持ちで売却を

家の置物を大事そうに持つ両手

 

マイホームの売却は入念な準備と下調べが必要な行為になるので、スムーズに契約が進まなければ相応の苦労をすることになるでしょう。
しかしながら、上手に売却を行えば、その後の生活を豊かなものにするだけの財産を手に入れることができます。

 

どのような理由があれど、たくさん悩んで購入したマイホームです。
手放すときも決してぞんざいに扱わずに、購入したときのような熱意で後の買主に愛してもらえる物件となるような売却を目指すことが大切なのではないでしょうか。