不動産の用途を4種類に分けて、それぞれ選ぶ際のポイントを解説します。

居住用不動産(マイホーム)の選び方

並べられた一軒家から一つを選ぶ手

 

家を買うといえば夢となるのはマイホーム購入です。
特にマイホーム購入時にはどのような目的で購入するかをハッキリとしておきましょう。
目的は「一生住むつもりだから自分たちの暮らしやすいように」でも「いずれ売却するから価値の高いものを」でも構いません。

 

また、多くの人にとって家の購入は人生で最も大きな買い物になると言われています。
そうなれば自ずとマイホームへのこだわりは無尽蔵に生まれ、どの物件を見ても決めきれないという自体になりかねません。

 

そのような場合は誰でも起こりうるので、迷ったら初心に立ち返り「物件を買う目的はなにか」「譲れない点はどこなのか」を思い出しましょう。
その上でたくさんの不動産を比較検討することが大切と言えます。
また、それに伴い得られる「相場感」を併せ持てば、理想の住宅に巡り合うことが出来るでしょう。

 

 

2世帯住宅の選び方

二世帯住宅のイメージ画像

 

2世帯住宅は祖父母・父母・子のそれぞれ別の家庭を持つ親子3世代が1つの建物の中で生活することが出来る形式の住宅です。

 

祖父母世代にとっては子世帯との繋がりが深くなり心の距離も縮まる上に、父母にとっては共働きの場合でも子供が帰宅すれば家に人がいるという安心の子育て環境を育むことが可能な点が、双方にメリットのある生活となります。

 

住宅の選び方はどれだけ生活を共同するかで相談を進めると良いとされています。
家によってお風呂・トイレなどの水回りを共同するケースもあれば、玄関をそれぞれに持つことで生活をセパレートすることも可能になります。
将来のことを計算し、お互いの生活の距離感を正しく掴んだ住宅を検討しましょう。

 

 

投資用住宅の選び方

家にお金をつぎ込む画像

 

投資用住宅の名の通り、利益を上げることが物件選びの際にも重要な項目になります。
そのためには人々の憧れとされる土地や、人口が多い地域といった人気のエリアを選ぶ必要があるでしょう。

 

また、不動産投資で購入する物件は自分が住むわけではありません。
それ故にどのような物件が好まれるか判断するのは難しいですが、やはり根底の考えとしては住みたい誰かを想像した物件選びができると良いとされるのではないでしょうか。

 

 

 

別荘の選び方

林の中の別荘

 

マイホームを購入して更にもう1件家を購入するというのは中々出来ることではありませんが、誰しも別荘を持つことを一度は夢に描くことでしょう。

 

別荘を持つならば家庭の環境をしっかり考える必要があります。
例えば見晴らしのいい土地ならば駅から離れている場合が多いので自動車を所有している家庭に向いていると言った具合です。
それらの環境を考慮した上でもっとも疲れが取れ、癒やされる環境に別荘を構えるのが良いでしょう。

 

 

「癒やし」が実現できる住宅選びを

家で癒やしを得るイメージ

 

住宅の形によって、考えるべき項目は多様になります。
しかしながら、物件というのは心と体を休息させるために不可欠の場所です。
その根底を忘れずに購入に進むことができれば、失敗することはないと言えるのではないでしょうか。